xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 飲食の求人に応募した時、面接時に注意すること - 耳寄り求人情報

HOME > 飲食系 > 飲食の求人に応募した時、面接時に注意すること

飲食の求人に応募した時、面接時に注意すること

2011-12-07 03:33:31

ほとんどの求人に応募することに言えることかもしれませんが、飲食の求人に応募する際は、面接時の身だしなみはきっちりしていく必要がありますよね。たとえば、うっかりしそうなのが、手の指の爪でしょう。飲食業に携わる上で、爪が長い人というのはまずいませんからね。面接官もここはしっかりと見てくると思います。普通に生活している上で、爪がちょっとぐらい伸びていても気にしないという人が多いでしょうから、面接の前にはきっちりと切っておくようにしましょう。


また、歯も重要ですね。面接時に歯を磨いていく人がほとんどだと思うので、その点はいいのですが、前歯に虫歯があるとか、前歯がないということになると、これは飲食の求人に応募する人としては減点になります。前歯の虫歯も、目立たないのであれば、追々治療していくということでもいいかもしれませんが、笑うと歯の黒いところがはっきりと見えるという場合、たとえば、そういう人がウェイターやウェイトレスとして食事を運んできたら客は気になりますよね。


虫歯がどれぐらいまでひどくなっているかによりますが、黒い所が目立つ程度であれば、一日の治療で、その部分を削って埋めてくれる可能性があります。なので、前歯に、口を開ける人対面の人からわかるぐらいの虫歯があったら、飲食の求人の面接前に、歯医者に行って治療をしておきましょう。歯がないということだともう少し治療期間は延びます。なので、面接時に、面接官に、現在、前歯がありませんが歯の治療中で、近いうちに入れますと自己申告をしておいた方がいいでしょう。

Sitemap