xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 弁理士の求人は引く手あまたではないだろうか。 - 耳寄り求人情報

HOME > その他 > 弁理士の求人は引く手あまたではないだろうか。

弁理士の求人は引く手あまたではないだろうか。

2011-12-02 01:59:00

私の会社にはなんと弁理士がいる。それも23歳ぐらいで弁理士の資格を取得したというから驚きである。私の会社でも特許沙汰の裁判関係があり、急きょ弁理士の求人を出したら、応募してきたというのである。私はその行動力に非常にびっくりしたが、とにかく弁理士というのは資格試験が非常に難しく、取るとすごい年収をもらえるというのである。弁理士の求人も非常に多いのではないでしょうか。弁理士の求人をよく見かけることがあるからである。がほとんど特許事務所とかの就職ではないだろうか。とくに、最近は、特許関係の仕事が盛んである。とにかく私の会社の弁理士の人は、常に裁判などに書類を提出していたり、週1日は、裁判所や特許局に出向いたりしていて、非常に忙しそうにしていた。最近は知的財産権の侵害というのを聞く。私の会社の製品で、どちらが先に特許を登録したのか、そしてその特許は私の会社の製品を真似して作ったものなのか、そこが争いの焦点になっていたようだ。争いは何年にも渡って行われた。一度勝訴したのに、また控訴して訴えてくる。裁判とは何でこうやって一度決めたことを再度やるのだろうと毎回思っていた。それでも二審でもくつがえらず、私の会社の特許はオリジナルのものであることが証明された。メーカーは特にこのような特許がらみが重要になっており、この時に弁理士がいると非常にありがたいものだと感じた。でも弁理士はやはり理系の知識がいるので、私には無理であると思われる。

Sitemap